各中学校の定期テストが終わりました。結果はどうでしたか。「もっと点数を取りたい」「このままでは先が不安だ」と思った生徒のみなさん!または、そのお父さん・お母さん!是非、育心進学スクールの個別指導を体験してみて下さい。

今年(2021年)から中学生の教科書が変わりました。各教科の内容が難しくなっています。特に、英語は、難易度が高いものになっています。使用されている単語や熟語のレベルが高いことに驚きます。これは、2020年から小学生の英語が教科となり、小学生の内に600~700単語程度を覚えることに連動しているからだと思われます。

また、文法(学習内容)も去年までの教科書と比べかなり難易度が高いものになっています。

例えば、中学2年生で習っていたbe動詞の過去形was・wereと過去進行形、未来の表現will・be going toは、1年生で習います。

中学3年生で習っていた現在完了形(have+過去分詞)は、中学2年生で習います。

高校1年生で習っていた現在完了進行形(have+been+~ing)、仮定法過去(If+主語+動詞の過去形,主語+助動詞の過去形+動詞の原形)、I wish~は、中学3年生で習います。

これらの例からも難易度がどれだけ上がったか分かると思います。

中学1・2年生の段階で理解不足があると、今まで以上に中学3年生での1年間では取り戻しは困難です。また、出来る生徒と出来ない生徒の差がより大きくなると考えられます。

1年生の内容は、1年生の内に、2年生の内容は、2年生の内に身に付ける必要があります。

やる気のある人は、是非、ご連絡下さい。小学5年生・小学6年生も募集中です。

是非、ご連絡下さい。